Share...
26 Apr 2014 13:17

ライフ【中高生のための国民の憲法講座 第42講】「公共の福祉」めぐる混乱解消を 百地章先生+(1/3ページ)(2014.4.19 13:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座 第42講】
「公共の福祉」めぐる混乱解消を 百地章先生

2014.4.19 13:00 (1/3ページ)
「公共の福祉」をめぐる問題について考えてみましょう

「公共の福祉」をめぐる問題について考えてみましょう

 昨年の今頃は、憲法改正論議が盛んに行われていましたが、護憲派が批判の標的にしたのは、自民党の改正案でした。その一つが、「公共の福祉」です。

 

国際標準に

 自民党の改正案では「公共の福祉」が「公益及び公の秩序」となっています(13条)。そこで反対派は、「反国家的な言動を取り締まる」のが狙いであるなどと批判しました。果たして、この批判は当たっているでしょうか。

 「公共の福祉」とは、本来、「社会全体の利益」を指します。ところが、「公共の福祉」の意味が曖昧なことから、人権は絶対的なものであって、たとえ公益のためであっても人権を制限することは許されない、とする学説が有力とされてきました。

 そこで、この「公共の福祉」を、わが国も加入している「国際人権規約」等に倣って、分かりやすく「公益及び公の秩序」と書き換え、公益や公の秩序に反する場合は、人権といえども制限できることを謳ったのが、自民党の改正案です。

 産経新聞の「国民の憲法」でも、「公共の福祉」に代えて「国の安全、公共の利益または公の秩序」としています。つまり国際標準に書き換えただけです。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital