Share...
03 Feb 2014 19:10

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第26講 憲法に皇室祭祀の明記を 百地章先生+(2/3ページ)(2013.12.28 11:24

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第26講 憲法に皇室祭祀の明記を 百地章先生

2013.12.28 11:24 (2/3ページ)
国は宗教と一切関わりを持ってはならないと主張する人がいます。本当でしょうか

国は宗教と一切関わりを持ってはならないと主張する人がいます。本当でしょうか

 それゆえ、アメリカのアーリントン墓地で行われる戦没者追悼式はキリスト教式ですが、誰も政教分離違反とは言いません。なぜなら、戦没者たちは時の「政府」のためではなく「国家」のために身を投げ出した人々ですから、国がアメリカの伝統的宗教であるキリスト教によって追悼し、顕彰するのは当然と考えられているからです。

 同様に、大統領の就任式も、国家の永続性を担保し象徴するための儀式ですから、キリスト教式で行われています。

 ◆皇室祭祀と四方拝

 他方、わが国では憲法の政教分離を理由に、皇室祭祀(さいし)は皇室の私的行為とされています。しかし、本当にそうでしょうか。というのは、皇室祭祀は一宗一派の宗教と異なり、天皇による「国家国民のための公的な祈り」だからです。

 「皇室祭祀」には大祭、小祭、旬祭の3種類があります。大祭は天皇陛下が衣冠束帯を召され、自ら祭文を奏上される重要なお祭りであり、それに小祭、旬祭を加えると、年間60回にも及びます。

このニュースの写真

日本国憲法の問題点がひとめでわかる『国民の憲法』(産経新聞出版、税込み1260円)が好評発売中

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital