Share...
29 Mar 2014 18:39

ライフ【中高生のための国民の憲法講座 第38講 】二院制を生かす改憲とは 池田実先生+(2/2ページ)(2014.3.22 11:00

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座 第38講 】
二院制を生かす改憲とは 池田実先生

2014.3.22 11:00 (2/2ページ)
二院制を生かす改正について考えてみましょう

二院制を生かす改正について考えてみましょう

 「無用」「有害」でなく

 そのため、参議院を廃止するとか、衆参両方を解体して新しい一院制国会を設けるなどの改憲案が、根強く提唱されてきました。しかし、明治憲法以来の二院制の伝統やインフラをご破算にしてまで一院制に移行するよりも、参議院が「良識の府」としての役割をきちんと果たすことができるような制度改革を考える方がより現実的でしょう。そのためには、参議院に、(1)衆議院とは異なる行動原理を導入すること(2)衆議院とは異なる権限を与えて衆参の役割分担を明確にすること-が必要です。

 たとえば産経新聞社『国民の憲法』要綱は、(1)の目的で、参議院議員の選挙方法に、部分的に間接選挙の導入を可能にする改正を提案しています。また、衆議院による法律案の再可決の要件を出席議員の過半数に緩和して、参議院の「有害」な作用を除去する一方、参議院に行政監視機能や国会同意人事の先議権を与えることで、(2)を実現しようとしています。

 二院制を生かすには、憲法改正が不可欠なのです。

                   ◇

【プロフィル】池田実

 いけだ・みのる 早稲田大学大学院政治学研究科博士後期課程単位取得退学。山梨大学講師・助教授、日本大学助教授・准教授を経て、現在、日本大学法学部教授。専攻は憲法学、憲法政治学。『憲法』『スペイン憲法概要』「新憲法への構想」など著書・論文多数。52歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital