Share...
19 Jun 2014 18:00

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第50講 邦人輸送中の米艦を守れないわけ 西修先生+(2/2ページ)(2014.6.16 11:34

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第50講 邦人輸送中の米艦を守れないわけ 西修先生

2014.6.16 11:34 (2/2ページ)

 平成3年4月、海上自衛隊がペルシャ湾に派遣されて機雷の除去に当たったのは、戦争が終結し、機雷を「捨てられたもの」と判断したからです。日本は、原油の80%以上を中東に依存しています。シーレーンの確保は、日本にとってきわめて重要です。各国が機雷を除去する掃海活動に従事しているときに、日本だけが参加しなくてもよいのでしょうか。

 ◆国際協調に反する

 集団的自衛権を認めることによって、これらの行動が可能になります。公明党などは、前者の場合は、日本人に対する攻撃を排除するのだから、個別的自衛権で可能だし、後者の場合は、「危険物の除去」として警察権で対応できるという立場をとっています。けれども、いずれも無理です。米艦は米国に属するわけですから、米艦が攻撃を受ければ、米国は個別的自衛権を行使しますが、日本が行使するのは集団的自衛権と整理されるのが一般的です。また後者では、戦闘中での行為は国際的には「武力の行使」とみなされます。

 本来、国際社会で集団的自衛権とされている事例を、わが国独自の判断で個別的自衛権や警察権の拡張解釈によって対応することは、国際法違反に問われるおそれがあります。それこそ、国際協調をうたっている憲法の精神に反することになります。

                   ◇

【プロフィル】西修

 にし・おさむ 早稲田大学大学院博士課程修了。政治学博士、法学博士。現在、駒沢大学名誉教授。専攻は憲法学、比較憲法学。産経新聞「国民の憲法」起草委員。著書に『図説日本国憲法の誕生』(河出書房新社)『現代世界の憲法動向』(成文堂)『憲法改正の論点』(文春新書)など多数。74歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital