Share...
25 Feb 2013 00:31
2月25日(月曜日)
徳島新聞購読案内 会社案内
【徳島ニュース】  ◇しじら織使い涼しく 北島でコンテスト     ◇小児医療の現状を紹介 徳大病院フォーラム     ◇入賞64人を表彰 県新聞感想文コンクール     ◇古見幼稚園が4月再開 つるぎ、2年ぶり3人入園     ◇観潮シーズン到来 鳴門海峡で「渦開き」     ◇卒業式彩るサイネリア 三好高で栽培     【徳島ニュース】  ◇しじら織使い涼しく 北島でコンテスト     ◇小児医療の現状を紹介 徳大病院フォーラム     ◇入賞64人を表彰 県新聞感想文コンクール     ◇古見幼稚園が4月再開 つるぎ、2年ぶり3人入園     ◇観潮シーズン到来 鳴門海峡で「渦開き」     ◇卒業式彩るサイネリア 三好高で栽培     【徳島ニュース】  ◇しじら織使い涼しく 北島でコンテスト     ◇小児医療の現状を紹介 徳大病院フォーラム     ◇入賞64人を表彰 県新聞感想文コンクール     ◇古見幼稚園が4月再開 つるぎ、2年ぶり3人入園     ◇観潮シーズン到来 鳴門海峡で「渦開き」     ◇卒業式彩るサイネリア 三好高で栽培     【徳島ニュース】  ◇しじら織使い涼しく 北島でコンテスト     ◇小児医療の現状を紹介 徳大病院フォーラム     ◇入賞64人を表彰 県新聞感想文コンクール     ◇古見幼稚園が4月再開 つるぎ、2年ぶり3人入園     ◇観潮シーズン到来 鳴門海峡で「渦開き」     ◇卒業式彩るサイネリア 三好高で栽培     【徳島ニュース】  ◇しじら織使い涼しく 北島でコンテスト     ◇小児医療の現状を紹介 徳大病院フォーラム     ◇入賞64人を表彰 県新聞感想文コンクール     ◇古見幼稚園が4月再開 つるぎ、2年ぶり3人入園     ◇観潮シーズン到来 鳴門海峡で「渦開き」     ◇卒業式彩るサイネリア 三好高で栽培     
徳島県内のニュース
予備軍以上、4・3人に1人 糖尿病の簡易血液検査   2013/2/22 14:23
メールで記事を紹介する    印刷する

予備軍以上、4・3人に1人 糖尿病の簡易血液検査 糖尿病の早期発見を目指す薬局での簡易血液検査が徳島県内で2012年10月末に始まって以来、1月末までの3カ月で565人が測定し、うち4・3人に1人が予備軍以上の疑いがある高い数値だったことが分かった。検査は糖尿病治療を受けていない人が対象だが、中には早期治療が必要と考えられる高い値の人もいた。

 このプロジェクトは筑波大と徳島文理大の共同研究で、県内の10薬局が参加している。

 測定結果によると、過去1~2カ月の平均的な血糖値の高さが分かる指標・HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー、単位%)の値が「糖尿病の疑いがある」とされる6・5を超えた人は、7・3%に当たる41人だった。生活習慣の改善などが必要な予備軍とされる6・0以上の人を含めると131人で、全体の23・2%に上った。

 測定値が最も高かったのは、健康診断などを毎年受けている人の場合で7・8、定期的に受けていない人は12・4だった。日頃の健康チェックに対する姿勢が数値の差に表れた。

 予備軍以上の値が出た人に対して、薬局は医療機関での治療を勧める対応をとっている。

 徳島文理大薬学部の中田素生教授は「検査人数の多さに糖尿病への関心の高さを感じる。予備軍以上の発見率も高く、プロジェクトの意義を実感している」と言う。予備軍以上の人がまだ多くいる可能性があるとして、簡易血液検査の実施を周知するリーフレットを今後作ることにしている。

 徳島市国府町府中のミマ薬局には約30人が検査に訪れた。経営者の美馬一彦さん(56)は「病院よりも気軽に足を運びやすいのか、約8割が初めて薬局に来てくれた人だった。糖尿病は早期発見が重要なので、ぜひ多くの人に検査を受けてほしい」と話していた。

 測定希望者は細い針を指に刺して血液を採取し、薬局内に置かれた機器にかけると、HbA1cの値が約6分後に判明する。検査は無料。
【写真説明】簡易血液検査の測定機器を囲み、今までの成果を振り返る関係者=徳島文理大
 2月24日 
 2月23日 
 2月22日 
 2月21日 
 2月20日 
 2月19日 
 2月18日 
 2月17日 
 2月16日 
注目コンテンツ
会社概要他