Share...
19 Jan 2014 17:37

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第1講 百地章先生 「国家権力を縛る」だけのものか+(1/2ページ)(2013.7.6 08:15

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第1講 百地章先生 「国家権力を縛る」だけのものか

2013.7.6 08:15 (1/2ページ)中高生のための国民の憲法講座
※国の姿形や歴史、文化、共同体の絆を憲法に盛り込んだ世界の憲法には1993年のロシア憲法、97年のポーランド憲法、99年のスイス憲法などがある。

※国の姿形や歴史、文化、共同体の絆を憲法に盛り込んだ世界の憲法には1993年のロシア憲法、97年のポーランド憲法、99年のスイス憲法などがある。

 これから、産経新聞が発表した「国民の憲法」を解説しつつ、憲法について考えていきたいと思います。

 初回のテーマは「憲法とは何か」。よく新聞やテレビで「憲法とは国家権力を縛るものだ」と耳にするでしょう。これを考えます。

 ◆多様な憲法の役割

 実は「憲法」にもさまざまな意味があります。まず「固有の意味の憲法」。これは古今東西を問わず、国家であれば必ず持っている統治のルールのことです。

 次に、近代国家が誕生すると「立憲的意味の憲法」が登場します。これは憲法とは国家権力を制約し、国民の権利を保障するものという考えで、絶対王制でみられた権力者の横暴を抑制するために生まれました。「憲法が国家権力を縛る」というのはこのことです。

 憲法の性質や特色に着目すると、憲法には国家権力を制約する「制限規範」の側面があることは確かです。国家権力がむやみに国民の権利を制限したり奪うことは許されません。

 しかし、同時に憲法は国家権力の行使について根拠を定めています。例えば国会が法律を制定することができるのは、憲法が国会に立法権を授けているからです。内閣が国会に代わって勝手に法律を制定したりできないのです。

 税金も同じです。憲法では課税徴収権が政府(権力)に授けられています。それによって国民から強制的に税金を徴収することが許されているのです。こうした憲法の役割を「授権規範」といいます。これも「制限規範」同様、憲法の大切な一面です。

中高生のための国民の憲法講座のニュース

中高生のための国民の憲法講座の写真

【中高生のための国民の憲法講座】第10講 現行憲法作成者それぞれの言い分 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第9講 極東委員会という「屋上屋」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第8講 現憲法は「メードインUSA」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第7講 日本国憲法に規定なき「条項」 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第6講 「世界唯一の平和憲法」は誤り 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第5講 憲法めぐる「神話」の数々 西修先生
【中高生のための国民の憲法講座】第4講 国民は憲法守らなくても良い? 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第3講 主権者に憲法を取り戻そう 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第2講 「国家=悪」と決めつけぬために 百地章先生
【中高生のための国民の憲法講座】第1講 百地章先生 「国家権力を縛る」だけのものか
  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital