Share...
28 Mar 2014 08:37
盗用疑惑相次ぐ早大が調査委 - NHK 首都圏 NEWS WEB
首都圏 NEWS WEB
首都圏放送局WEBへ

マイエリア

地域ニュースを最大2つ表示できます。
都道府県を選択して、設定ボタンを押してください。

設定方法

ニュース詳細

盗用疑惑相次ぐ早大が調査委
03月28日 17時02分

盗用疑惑相次ぐ早大が調査委
1003320101_20140328171847.mp4

理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダーが早稲田大学に提出した博士論文に、文章の盗用などの疑いが出ている問題で、早稲田大学は外部の専門家も交えた調査委員会を設置し、調査を始めることを明らかにしました。
早稲田大学では、小保方さん以外にも盗用の疑いが指摘される博士論文が相次いで見つかっていて、大学は、これらの問題についても調査を始めました。
小保方研究ユニットリーダーが3年前、早稲田大学に提出したおよそ100ページの博士論文をめぐっては、冒頭の20ページがアメリカのNIH=国立衛生研究所のホームページの文章とほぼ同じだったほか、実験で得られたとしている細胞の写真が企業のホームページに掲載されたものとよく似ていて、文章や写真の盗用の疑いなどが指摘されています。
これについて早稲田大学は、28日、外部の弁護士を委員長とする調査委員会を設置することを明らかにし、文章の盗用など不正の有無のほか、担当教官による指導や論文の審査に問題がなかったか調査を行い、3か月程度で結果を公表したいとしています。
早稲田大学では、小保方さん以外にも文章の盗用などの疑いが指摘される博士論文が相次いで見つかっていて、大学は、これらの問題についても内部での調査を始めたことを明らかにしました。