html { position: absolute; left: 0; top: 23px; width: 100%; } body { _margin: 0; } #peeep_toolbar, #peeep_toolbar div, #peeep_toolbar input, #peeep_toolbar form { display: block; overflow: hidden; margin: 0; padding: 0; text-align: left; zoom: 1; visibility: visible; line-height: 16px; width: auto; height: auto; } #peeep_toolbar, #peeep_toolbar div, #peeep_toolbar input, #peeep_toolbar a, #peeep_toolbar span { outline: 0; border: 0; color: #999; vertical-align: baseline; text-transform: none; white-space: normal; background: none; font: normal 12px Arial, sans-serif; } #peeep_toolbar .peeep_wrapper { padding: 3px 10px; border-bottom: 1px solid #cb5; overflow: hidden; zoom: 1; } #peeep_toolbar img { border: 0; } #peeep_toolbar a:link, #peeep_toolbar a:hover, #peeep_toolbar a:visited, #peeep_toolbar a:active, #peeep_toolbar a:focus { color: #00f; } #peeep_toolbar { position:fixed; z-index: 32768; left:0; top: 0px; width:100%; height: 23px; background: #ffc; } #peeep_toolbar .peeep_date { font-size: .8em; color: #cb5; margin: 2px 1em 0 0; float: left; } #peeep_toolbar.peeep_verified { background-color: #efd; } #peeep_toolbar.peeep_verified .peeep_wrapper { border-bottom: 1px solid #ab9; } #peeep_toolbar.peeep_verified .shares:hover, #peeep_toolbar.peeep_verified .shares.hover { background-color: #dfc; } #peeep_toolbar.peeep_verified .peeep_date { color: #6a4; } #peeep_toolbar .peeep_logo { float: left; margin-right: 1em; margin-bottom: -1em; } #peeep_toolbar .original_link { font-size: .9em; color: #999; height: 16px; overflow: hidden; } #peeep_toolbar .original_link a { color: #999; } #peeep_toolbar .original_link a:visited { color: #bbb; } #peeep_toolbar .shares { float: right; line-height: 10px;/*?see Chrome*/ margin: -3px 20px -6px 2em; padding: 3px 3px; } #peeep_toolbar .shares img { margin: 0; padding: 0; } #peeep_toolbar .shares .share { display: none; margin: 0 0 0 3px; } #peeep_toolbar .shares:hover, #peeep_toolbar .shares.hover { background: #eec; } #peeep_toolbar .shares:hover .grip, #peeep_toolbar .shares.hover .grip { display: none; } #peeep_toolbar .shares:hover .share, #peeep_toolbar .shares.hover .share { display: inline; }
Share...
25 Mar 2014 16:03
産経新聞"> STAP論文の「大罪」:科学界に拡大する「コピペ疑惑」の地獄 (1/3) - Business Media 誠
ニュース
» 2014年03月25日 06時00分 UPDATE

STAP論文の「大罪」:科学界に拡大する「コピペ疑惑」の地獄 (1/3)

「日本人女性初のノーベル賞か」とまで期待されたSTAP細胞の小保方さんは、論文発表からわずか1カ月半で、これまでの研究成果をすべて失う可能性が出てきた。

[産経新聞]
産経新聞

 ノーベル賞受賞者と、同賞最有力候補という日本の自然科学界の巨頭が並んで謝罪する姿を、だれが想像しただろうか。3月14日に行われたSTAP(スタップ)細胞論文をめぐる一連の問題に関する中間報告の記者会見で、理化学研究所の調査委員会は画像の流用などを認定し、幹部は理研発生・再生科学総合研究センター(CDB、神戸市)に所属する論文筆頭著者の小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダー(30)を「未熟な研究者」と切って捨てた。米サイトの文章との酷似などが指摘されている小保方氏が早稲田大に提出した博士論文も、取り下げの意向が示されている。「日本人女性初のノーベル賞か」とまで期待された科学界のヒロインは、論文発表からわずか1カ月半で、これまでの研究成果をすべて失う可能性が浮上する事態となった。

「論文の体をなさない」

 「科学社会の信頼性を揺るがしかねない事態を引き起こしたことに対し、おわびを申し上げます」

 14日、東京都内で開かれた会見の冒頭、2001年にノーベル化学賞を受賞した理研の野依良治(のより・りょうじ)理事長(75)は約10秒間にわたり頭を下げ、謝罪した。理事を一人はさんで隣に立つ、2012年に米情報会社「トムソン・ロイター」がノーベル賞の有力候補者にあげた竹市雅俊CDBセンター長(70)も同様に頭を下げた。会見を見たある研究者は「野依先生に頭を下げさせるなんて…」と、一連の事態が及ぼした影響に絶句した。

 「最も重要な会見」として、当初予定のなかった会見への出席を急遽(きゅうきょ)決めた野依理事長は「未熟な研究者が膨大なデータを集積し、ずさんに取り扱った。責任感も乏しい」と怒りをにじませ発言した。竹市センター長も「なぜミスが見逃されたのか、私自身が理解できない」と苦渋の表情を浮かべた。

yd_sankei1.jpg 記者会見を前に謝罪する野依良治・理化学研究所理事長(右から2人目)ら。STAP細胞論文をめぐる一連の問題は、日本が誇るノーベル賞受賞者に頭を下げさせる事態となった=3月14日午後、東京・八丁堀
       1|2|3 次のページへ

copyright (c) 2014 Sankei Digital All rights reserved.

Facebookコメント

アクセスランキング