Share...
18 Jul 2014 19:05

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第54講 国柄があいまいな日本国憲法 高乗正臣先生+(3/3ページ)(2014.7.12 09:20

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第54講 国柄があいまいな日本国憲法 高乗正臣先生

2014.7.12 09:20 (3/3ページ)
「憲法」という言葉には、その国固有の統治のあり方などが含まれています

「憲法」という言葉には、その国固有の統治のあり方などが含まれています

 これに対して、幕府政治確立後の天皇のありようは、西欧諸国に見られる君主制とは似ても似つかないものでした。政治的権力は幕府(政府)に、文化的機能と権威は朝廷(皇室)に保持されるという二元主義に立つ君主制は、わが国柄の特徴といえるでしょう。将来の憲法改正に際しては、単なる西欧諸国の模倣に終わらず、わが国の国柄を大切に考えることが求められます。

【プロフィル】高乗正臣

 たかのり・まさおみ 中央大学法学部卒業。亜細亜大学大学院法学研究科修士課程修了。嘉悦女子短期大学教授を経て現在、平成国際大学法学部教授、副学長。専門は憲法学。著書に『人権保障の基本原則』『現代憲法学の論点』『現代法学と憲法』『法の原理と日本国憲法』など。69歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital