Share...
15 Apr 2014 14:41

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第41講 道州制の導入をめぐって 百地章先生+(3/3ページ)(2014.4.12 11:30

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第41講 道州制の導入をめぐって 百地章先生

2014.4.12 11:30 (3/3ページ)
「国の役割」と「地方の役割」を再確認し、考えましょう

「国の役割」と「地方の役割」を再確認し、考えましょう

 例えば、国家の存立に関わる外交、防衛、教育などの他、全国的視野に立って行われなければならないものは国が行う必要があります。その上で、都道府県レベルを超えた経済などの広域行政にいかに対処すべきか、考えるべきでしょう。

 地方が独自性を発揮し活性化するために、適切な形の地方分権化は、もちろん必要です。しかし「主権」を持つのは国家だけですから、「地域主権」論は誤りです。また、国家の相対化や衰弱化につながりかねない地方分権化には、反対せざるを得ません。

                  ◇

【プロフィル】百地章

 ももち・あきら 京都大学大学院法学研究科修士課程修了。愛媛大学教授を経て現在、日本大学法学部教授。国士舘大学大学院客員教授。専門は憲法学。法学博士。産経新聞「国民の憲法」起草委員。著書に『憲法の常識 常識の憲法』『憲法と日本の再生』『「人権擁護法」と言論の危機』『外国人参政権問題Q&A』など。67歳。

このニュースの写真

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital