Share...
25 Aug 2014 06:34

ライフ【中高生のための国民の憲法講座】第56講 9条解釈の限界と改正の必要性 高乗正臣先生+(3/3ページ)(2014.7.26 11:34

  • [PR]

ライフ

  • メッセ
  • 印刷

【中高生のための国民の憲法講座】
第56講 9条解釈の限界と改正の必要性 高乗正臣先生

2014.7.26 11:34 (3/3ページ)

 わが国が法治国家である以上、本来は、政府の解釈変更によるのではなく、憲法9条を改正して、わが国の平和と安全に貢献している自衛隊を正しく自衛軍として位置づけるべきだと思われます。

                   

【プロフィル】高乗正臣

 たかのり・まさおみ 中央大学法学部卒業。亜細亜大学大学院法学研究科修士課程修了。嘉悦女子短期大学教授を経て現在、平成国際大学法学部教授、副学長。専門は憲法学。著書に『人権保障の基本原則』『現代憲法学の論点』『現代法学と憲法』『法の原理と日本国憲法』など。69歳。

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital