Share...
15 Mar 2014 09:18

科学【STAP論文】「インパクト感じリーダー採用」 理研のチェック機能に限界+(1/3ページ)(2014.3.15 10:00

  • [PR]

科学

  • メッセ
  • 印刷

【STAP論文】
「インパクト感じリーダー採用」 理研のチェック機能に限界

2014.3.15 10:00 (1/3ページ)科学
STAP論文に掲載されたDNAの分析結果を示す実験の写真。中央の列と左右の列の間に境界線があり、切り張りした痕跡が見える (ネイチャー誌提供、画像の明るさを変更)

STAP論文に掲載されたDNAの分析結果を示す実験の写真。中央の列と左右の列の間に境界線があり、切り張りした痕跡が見える (ネイチャー誌提供、画像の明るさを変更)

 理化学研究所が14日に発表した新型万能細胞「STAP(スタップ)細胞」の論文をめぐる調査の中間報告は、研究者の倫理と科学実験の検証の在り方に大きな課題を投げ掛けた。

 「科学者としての倫理が欠如していた」「著者は論文のすべてを説明する責任を負うが、不注意というにはあまりに問題が多い」

 理研幹部は会見で、小保方(おぼかた)晴子・研究ユニットリーダーの論文作成に対する姿勢に、にがい表情で疑問を呈した。

 理研によると、実験の証拠となる画像を切り張りすることについて、小保方氏は「やってはいけないことという認識がなかった」と話したという。研究者として未熟だったことは反省しているという。

このニュースの写真

STAP細胞論文をめぐる動き

関連ニュース

  • [PR]
  • [PR]

[PR] お役立ち情報

PR
PR

編集部リコメンド

このページ上に表示されるニュースの見出しおよび記事内容、あるいはリンク先の記事内容は MSN およびマイクロソフトの見解を反映するものではありません。
掲載されている記事・写真などコンテンツの無断転載を禁じます。
© 2014 The Sankei Shimbun & Sankei Digital